神聖紀オデッセリア
懐古趣味の世界
発売当時(1993年)こういう普通のRPG(ギャルゲー路線ではなく)の、しかもかなりシブい雰囲気のゲームで女の子が固定主人公なのは珍しかったように思います。世界の神話や歴史をベースにしたトコが好みでした。

ワールドマップがメルカトル図法の世界地図そのまんまって感じ(南洋などに見慣れない大陸があるのがポイント)で、取っ付きやすさもあるし、神話伝説の類いに興味があるならより愉しめます。

現実の遺跡、または伝説上に存在する場所を周れるのは、ゲーム上とはいえ楽しいです。ペルセポリスとかバベルの塔とか。SFCのガイア幻想紀なんかも同様ですが。

続編の2もありますが、初作がお気に入りなのでそっちをとりあげてます。マトモに語ると超長くなるので、プロローグとエピローグにフローチャート+ダイジェストなどを掲載。まあ、結局そこにごちゃごちゃ書いてしまうんだけどさ。
Contents    懐古趣味の世界 / 神聖紀オデッセリア